医療保険を定期にしてみよう

保険料を少しでも安く抑えたい人にとって、定期型はぜひ検討してもらいたいタイプの1つです。定期型とは10年や20年ごとに更新を迎え、保険料や保障内容はその都度変化するタイプの商品です。料金は加入時より高くなりますが、およそ3~4割ほど終身型より安くなるという特徴があります。一例を挙げると、30歳の場合、終身型の月々の料金が約3500円に対して、定期型では約2000円で済みます。40歳の場合終身型では約4500円に対して、定期型では約2800円です。また、期間に区切りがあるため、見直しをしやすいという利点があります。また更新する際には、原則として告知義務はないので、手間があまりかかりません。もし不健康な状態が続くのであれば、なるべく定期型の継続加入しておくと良いかもしれません。ただ、注意しておくべき点があり、それは老後の保険料負担です。更新するたびに料金が上がるため、その場合は早めに終身型に移行するなどの対策が必要です。

sabu用置換

sabu用置換